技術情報

ベルトの取り付け方法技術情報 No. 0005

ベルトを使用するには張力管理がとても重要です。
ベルトは適正な張りを与えなければ満足な動力伝達性と耐久性を保つことができません。今回は当社製品「ドクターテンション®タイプⅣ」を使用し、タイミングベルトの取り付け方法を下記の「タイミングベルト取り付け手順」に沿って、動画でご紹介します。

 

【タイミングベルト取り付け手順】

①装置が完全に停止していることを確認してベルトを取り付ける。
②ベルトに張力を与える。
③張力を測定し、測定値が取り付け張力の範囲に入っていることを確認する。
④約1分間慣らし運転を行う。
⑤装置を停止させ完全に停止したことを確認して張力を測定し、測定値が取り付け張力の範囲に入っていない場合は調整を行う。
⑥取り付け張力範囲内で調整できたことを確認して運転を開始する。

 

※本動画はドクターテンション®タイプⅣを使用して張力を測定しています。
短時間運転することで、取り付け時斜めになっていたベルトがまっすぐになる現象をわかりやすくするため、プーリは通常よりも広幅のものを使用して撮影しています。
※撮影のため装置の安全カバーを外した状態です。実際に使用される際には、カタログに記載しています「安全にお使いいただくために」を必ずご参照ください。

資料請求はこちら