新製品情報

強さをカタチにメガトルクG3

"高トルク化"をコンセプトに開発されたメガトルクシリーズ最上位グレード

メガトルクGⅢは「高トルク化」をコンセプトに開発されたメガトルクシリーズの最上位グレードです。

メガトルクGⅢは高い伝動容量により従来のタイミングベルトに比べ幅を狭く設計することが出来ます。そのため機械装置自体がコンパクトになり、設置スペースを抑えることが出来ます。その他、ベルト幅を狭く設計することにより、低騒音、低軸荷重といった付帯効果も期待できます。

また、標準プーリのご使用が可能です。

高伝動容量

新素材を心線に採用することにより、ベルトの伸びを抑制し、高負荷伝動を可能にしました。

MTS14M
メガトルクGを100として

ジャンピングトルク特性

カーボン心線と高剛性ゴムの採用により、高いジャンピングトルク性能を実現しました。

MTS14M
メガトルクGを100として

低騒音

特殊素材歯布と、高伝動容量による幅狭化によって同使用条件で12~16%ダウンを実現しました。

MTS14M
メガトルクGを100として

構成材料

メガトルクG メガトルクGⅡ メガトルクGⅡP メガトルクGⅢ
ベルト形 MTS3M MTS5M MTS8M MTS14M MTS8M MTS14M MTS14M
ゴム 高硬度合成ゴム 高硬度合成ゴム 超高硬度合成ゴム
心線 グラスファイバー カーボン カーボン
歯布 ナイロン ナイロン/アラミド ナイロン/フッ素繊維
(ベアバック)
ナイロン/フッ素繊維
(ベアバック)
プーリ歯形 標準歯形 専用歯形 標準歯形 専用歯形 標準歯形
メガトルクGⅢについて詳細こちら