よくあるご質問

これまでに弊社へお問い合わせいただいた中から、代表的なご質問をご紹介いたします。
お問い合わせいただく前に、以下のご質問をご覧ください。

− タイミングベルトについて

− タイミングプーリについて

− その他のお問い合わせについて

タイミングベルトについて

Qベルトの材質は?
A以下がベルトの材質です。
【ゴムベルト】   歯:クロロプレン  心線:ガラスコード  歯布:ナイロン
【ウレタンベルト】 歯:ポリウレタン  心線:アラミド又はスチールワイヤー
その他メガトルクシリーズや特殊仕様の材質につきましては、別途お問い合わせください。
Qベルトとプーリのバックラッシ量を教えて下さい。
A各ベルトと標準プーリとのバックラッシの値は別途お問い合わせください。
お答えするバックラッシ量は静的な状態でベルト歯とプーリ歯をかみ合わせた時の隙間の値です。歯形によりますがバックラッシレスプーリを用意しております。
Q位置決め精度をよくしたいのですが、どうすればいいでしょうか?
A位置決め精度を高めたメガトルクEXという製品があります。
ぜひこちらへの切り替えをご検討ください。
Qウレタンベルトとゴムベルトの使い分けは?
A通常の伝達用途であればサイズラインアップが豊富なゴムベルトをご使用いただいております。
ゴム粉の飛散が気になる場合は、ゴム粉が目立ちにくいウレタンベルトをご使用いただいております。
Q他社製ベルトを使用していますが互換性はありますか?
AタイミングベルトG、タイミングベルトU(MXL,T80,XL,L,H,XH,XXH等)はISO,JIS規格品ですので各社ともに互換性があります。スーパートルクシリーズ、メガトルクシリーズ等の丸歯形については一部メーカーを除いては互換性が有りません。
Qタイミングベルトのメンテナンスはどのようにすればいいですか?
Aタイミングベルトはメンテナンスフリーです。ベルトの取り付け張力は運転後数時間で、プーリーのなじみにより若干低下します。取り付け後、ベルトを1分程度(回転数が遅い場合は10回転程度)走行させなじませた後に規定の張力で張ってください。その後の張り直しの必要はございません。
※タイミングベルトを張り直すと、かみ合いが悪くなりベルトの寿命が短くなる場合があります。
Qタイミングベルトの表面にグリスを塗っても大丈夫ですか?
Aグリスがベルトに付着してしまっても問題はありませんが、グリスをベルトに塗ることは推奨できません。
Qカタログに記載のされていないサイズは製造することは可能ですか?
Aベルトは金型を使用して製造しております。
そのため、カタログに記載のないサイズは金型の無いサイズになりますので、製造することはできません。
Qタイミングベルトの取り換え時期は決まっていますか?
Aベルトに亀裂や欠損が生じた場合は直ちにお取り換え下さい。特に重点機械等はダウンタイムを最小化する為にベルトの亀裂や欠損を定期点検項目に入れて、ベルト破損前の交換を心掛けてください。
資料PDF(275KB)PDF
Qクリーンルームで使用できますか?
Aゴムタイミングベルトは発塵が少ないベアバック仕様であっても発塵します。クリーンルーム内でのご使用ではベルト周辺にカバーを設置する等の対策をお願いいたします。
Qベルトの耐熱温度を教えて下さい。
A標準ベルトの耐熱温度は-30℃~80℃です。ただし常温以外でご使用されると寿命が短くなる場合がございます。使用温度が100℃までの耐熱性をご要望の場合は耐熱仕様のベルトをご使用ください。耐熱仕様の詳細につきましては別途お問い合わせください。
Qカタログに掲載していないベルト幅はできますか?
A基本的にはカタログに記載のある標準幅でのご提供です。カタログに記載されていないベルト幅をご希望の場合は弊社営業担当もしくは販売店にお問い合わせください。
Q単位質量を教えて下さい。
A単位質量はカタログに記載しております。カタログをご確認ください。
カタログダウンロードはこちら
Qベルトの取付け張力はどのように測定すればよいでしょうか?
Aベルトの張力測定にはたわみ荷重で測定する場合と音波で測定する場合の2種類の方法がございます。たわみ荷重で測定する場合はペンシル型張力計、音波で測定する場合は音波式張力計ドクターテンション タイプⅣをご使用ください。
ドクターテンション タイプⅣについてはこちらをご覧ください。

※メガトルクGⅡP、メガトルクGⅢ、ギガトルクGXはたわみ荷重での測定ができません。

QタイミングベルトはRoHS2指令に対応していますか?
ARoHS2に対応しております。証明書発行をご希望される場合は製品を購入された販売店またはお近くのベルト取り扱い営業所へお問い合わせください。
QメガトルクGⅡPとGⅢの違いは何ですか?
A材料の改良により大幅に伝達容量がアップしています。
またメガトルクGⅢは標準プーリが使用可能となりました。
Qベルトにサイズ表記がなく、 品番の表記しかないですが、購入できますか?
A品番記載のベルトは特定機械メーカー専用のベルト(OEM品)になりますので機械メーカーより純正部品を購入いただくようお願い致します。
Qベルトの周速が33m/sec.までとなっていますが超えた場合どうなりますか?
A耐久性・寿命が大幅に減少します。
また、騒音が大きくなりますのでプーリの動バランスに注意が必要となります。
Qテンションプーリはどのように取り付ければよいですか?
Aベルト内側に取り付けの場合は走行中のゆるみ側で大プーリに近い位置で取り付けてください。
内側テンションプーリ径はカタログの最小プーリ径以上でご使用下さい。
外側に取り付けの場合は小プーリに近い位置でベルト曲げ角度は140°以上(メガトルクGⅢ、ギガトルクGXは160°以上)にして下さい。
外側テンションプーリ径はカタログ最小プーリ径の2割増し以上をご使用下さい。
資料PDF(248KB)PDF
Qタイミングベルトの伝達効率は何%ですか?
A伝達効率はほぼ100%です。
ただしモーター軸にベルト取付張力分だけ荷重が掛かるので、動力損失が起こり、伝達効率が100%よりも低くなることがあります。

タイミングプーリについて

Q標準プーリの軸穴を教えてください。
A当サイトの製品紹介ページにプーリ寸法表に最小軸穴径d(mm)が記載されています。
その最小軸穴径(H7公差)に加工できるような下穴が加工されています。
Q標準プーリの材質を教えてください。
A鋼材は主にS25Cで制作していますが、一部 快削鋼で制作しています。
高力アルミニウム合金はA2017です。鋳物はFC200相当です。
Q標準プーリのフランジのみ購入可能ですか。
Aフランジのみの購入はできません。
Q標準プーリの追加工は可能ですか?
AStarQuick®(スタークイック®)という標準プーリを追加工して出荷する製品があります。
軸穴加工、キー加工、タップ加工、表面処理(錆止め)の加工内容を当社のラインアップの中から選んで頂くことで発注ができます。詳細はカタログをご覧ください。
カタログPDF(1.78MB)PDF

※一部 対応していないサイズもございます。ご了承ください。

Q標準プーリにフランジは付いていますか?
Aプーリ形状A,Bには2枚添付されています。プーリ形状Cは1枚、プーリ形状Wには添付されていません。
棒状プーリはプーリ1つにつき15枚まで添付が可能です。購入される際に必要な枚数を必ずご指定ください。
Q標準プーリは表面処理されていますか?
A標準プーリは表面処理をしておりませんが、焼結材プーリはスチーム処理を施しております。
StarQuick®(スタークイック®)はご要望に応じて表面処理を行います。
カタログPDF(1.78MB)PDF

※一部 対応していないサイズもございます。ご了承ください。

Q表面処理の種類を教えて下さい。
A受注生産プーリではお客様ご指定の表面処理をすることが可能です。
(参考資料)
どうしたいか 表面を硬くしたい
(耐摩耗)
アルミ材に適した処理をしたい 寸法精度を維持したい 装飾品として見せる処理をしたい 安価な防錆処理をしたい
表面処理
  • ・硬質アルマイト
  • ・硬質クロム
  • ・無電解ニッケル
  • ・アルマイト
  • ・硬質アルマイト
  • ・無電解ニッケル
  • ・無電解ニッケル
  • ・ニッケルメッキ
  • ・クロムメッキ
  • ・黒染
  • ・パーカーライジング
Qプーリの呼称の頭に"G"がついているものはありますか?
A過去にG 32S2M0100Aと頭に"G"を付けていたことがありましたが、現在はベルトとの区別をわかりやすくするために"P"を付けています。仕様に変更はございません。
(過去)G 32S2M0100A

(現在)P 32S2M0100A
Qカタログに記載されている軸穴径 minとmaxって何ですか?
A当社の推奨する軸穴径となっています。min=最小軸穴径 max=最大軸穴径
Q 標準プーリの軸穴を教えてください。」にも記載していますが、当社の標準プーリは下穴加工での出荷となります。お客様で加工して頂く際の目安としてください。
Qカタログに記載していない歯数は対応できますか?
A仕様、形状によって製作できる歯数が異なります。詳細はお問い合わせください。
Qカタログに記載していない材質でもプーリの制作はできますか?
A受注生産プーリとしてであれば制作できます。
図面をご提示頂ければお取引のある代理店を通じてお見積り致します。
QCAD図面はありますか?
A弊社HPよりダウンロードが可能です。こちらよりダウンロードください。
Qフランジはどのように取り付けしたらいいでしょうか?
Aフランジの取付け方法はカシメ方式、ビス止め方式の2種類ございます。
詳細はタイミングベルト伝動設計資料の「フランジについて」をご参考ください。
資料PDF(376KB)PDF
Qバックラッシレスのプーリはありますか?
A歯形によってはラインアップしております。詳細はお問い合わせください。
QタイミングプーリはRoHS2に対応していますか?
ARoHS2に対応しております。証明書発行をご希望される場合は製品を購入された販売店またはお近くのベルト取り扱い営業所へお問い合わせください。

その他のお問い合わせについて

Qベルトを購入したいのですが?
A当社は代理店を通じてお取引させて頂いており、直接の販売は行っておりません。
当社の販売会社である三ツ星ベルト販賣株式会社またはお取引のある代理店へお問合せください。
Qカタログが欲しい
Aお取引のある代理店へお問合せ頂くか、カタログ請求フォームよりご請求ください。
また、ホームページ内でPDFをダウンロードできます。
Q該非判定書を発行して欲しい
A当社ホームページ内に「当社製品の該非判定結果一覧表」を掲載していますので、ご覧ください。正式書面(社名、捺印のある書面)をご要望の場合は製品を購入された代理店またはお問い合わせフォームよりお問合せください。
お問い合わせはこちら