技術情報

タイミングベルトの取り付け方法技術情報 No. 0007

ベルトを使用するには張力管理がとても重要です。
ベルトは適正な張りを与えなければ満足な動力伝達性と耐久性を保つことができません。今回は当社製品「ドクターテンション®タイプⅣ」を使用し、タイミングベルトの取り付け方法を下記の「タイミングベルト取り付け方法」に沿って、動画でご紹介します。

 

タイミングベルト取り付け方法

①装置が完全に停止していることを確認してベルトを取り付ける。
②ベルトに張力を与える。
③張力を測定し、測定値が取付張力の範囲に入っていることを確認する。
④約1分間慣らし運転を行う。
⑤装置を停止させ完全に停止したことを確認して張力を測定し、測定値が取付張力の範囲に入っていない場合は調整を行う。
⑥取り付け張力範囲内で調整できたことを確認して運転を開始する。

※実際に使用される際には、カタログ「タイミング伝動設計資料」2ページに記載しています「歯付ベルトを安全にお使いいただくために」を必ずご参照ください。

※取付張力はこちらをご確認ください。

 

 

ドクターテンション®-タイプⅣの使用方法

ドクターテンション®-タイプⅣは非接触型音波式ベルト張力計です。

小型マイクでベルトの周波数を読み取り、瞬時にベルト張力を表示します。

ドクターテンション®-タイプⅣでの張力測定は下記の3ステップです。

①ドクターテンション®-タイプⅣにベルト単位質量kg/(10mm幅×1m長さ) 、ベルト幅、スパン長を入力する。
②小型マイクロホンセンサをベルトに近づけて軽くたたき、ベルトを振動させる。
③液晶表示ディスプレイに表示された張力を読み取る。

資料請求はこちら